『高専カンファレンス in 東京 2018』に参加して来た

生存報告

すっっっっっっっっっっっっごーーーーーーーーーーーーーーい久しぶりの記事.

本題

ブログ書くまでが高専カンファレンス

7月15日に六本木のDMMで開催された高専カンファレンスに参加してきました. 高専カンファへの参加は2017年3月にOPTIMで開催された第109回の時以来で, トータルでは5回目(093terakoya / 100tokyo / 101lol / 109tokyo)の参加でした

今回は学生(専攻科生)ということで資金援助プログラムから援助をいただきました. スポンサー様,運営の皆様に圧倒的感謝(神).

前後の移動日も合わせて振り返ってみます

↓当日のツイッターのまとめはこちらから↓

togetter.com

7月14日

💰💰💰資金援助により新幹線でリッチに移動できました💰💰💰

18切符の鈍行旅や高速バスを使わないで東京行くのいつぶりだろうか・・・

しかし,3連休1日目という事もあって高崎まで座れなかった(辛かった). ケチらず指定席にしておけばよかったな.

13時ごろ大宮駅について夏休み中にインターンシップでお世話になる某F社を見学させてもらいました. 初めてNitendo LabとSwitchで遊びました.すごい面白かった.ダンボールすごい.(高専生特有の語彙力のNASA

その後,泊めてもらう約束をしていた東京在住の先輩のお宅に行って, 越乃寒梅(風味柿の種)を献上して宿を確保. 銭湯に行って寮の風呂に入っていた時代を思い出したり, vimer力が足りないという事でvimtutorをしたり,糞リプを飛ばしたりして寝ました(参考:【ご報告】東工大大学院を休学(退学)します – kage's blog).

7月15日(カンファ当日)

プリキュアで英気を養い移動を開始.

会場到着.

本当に発表全部が面白かったけれど全てに触れる気力はないので, 一つ挙げるとしたらyanoshiさんの「気がついたら企業側で高専プロコンに参加してたって話」について. 僕自身,本科生の時に3回競技メンバーとしてプロコンに出場していた経験があり,協賛企業としてプロコンに参加した話はとても興味深かったです. ただ,懇親会でyanoshiさんと話せなかったのが心残り.

speakerdeck.com

あとVTuberLTがいっぱいあって時代を感じた.コンデンサVTuberの写真見ただけで笑いが起こる高専界隈ほんと好き.

閉会後はjigインターン勢のオフ会(のようなもの)に参加しました. カンファに参加していなかった木更津勢も呼んで15人(?)くらいで焼肉!

先輩の家に帰ったのは23:30ごろだった.

7月16日

この日はruby hack challengeに参加しました. スタッフのありたそ先輩高専の先輩だったり, 最近Railsの勉強始めたのでRubyにも手を出して見たいと思ったこと等から参加を決めました (今回はhack challengeだからRubyよりもC言語を主に触っていたけど).

中学生の段階でRails触ってる怖い人がいて怖かった.

高専カンファの特別編という扱いだったけど高専色は薄くて,参加者の4割ぐらい(?)は高専未関係者だったので新鮮でした.

久しぶりにC言語を触ったので色々忘れてることも多かったけど本科時代を思い出してガンバった. もうC言語はいいかな…

でもRubyは本当にいい言語なので,Rubyコミッタさんが作り出してくれた恩恵を受けてRubyを書いていこうと決意しました.

その後ありたそ先輩とゲイン先輩と一緒に飯. 楽しかったけど,今度ありたそと飯に行くときはウッディ先輩あらや先輩が欲しい.

就活とかの相談をしてもらって,為になったけど.

その後,💰💰💰資金援助により新幹線でリッチに帰宅できました💰💰💰

実家に着いたのは23:30ぐらい.

まとめ

本当に濃い旅だった.

得た事

  • DMMのオフィスすごい
  • pixivのオフィスのオタク感
  • 人脈(毎回,再会する人数の3割ぐらいは人脈が広げられるので良い)
  • 開発モチベーション(定期的に強い人に会うのはモチベーション維持に良い)
  • 就活モチベーション(頑張る)
  • 教訓(酒癖がアレな先輩と飲むときの対処法)

今後やりたい事

  • もっと色々開発したい
  • 高専カンファに後輩を連れて行きたい(もうそろそろ21歳ですし…)

高専カンファに興味のある長岡高専生はよかったら@nkjmauまでご一報ください. サポートできることはやります.

最後に

なんか毎回名札に書くことが同じな気がする

f:id:nkjmau:20180723155634j:plain:w300